ミュートネットBlog

函館・道南エリアのIT企業です。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

AgileJapan2011 北海道サテライト

 4月15日に開催された「AgileJapan2011 北海道サテライト」に参加しました。

「アジャイル」というキーワードを初めて聞いたのが2年前で、札幌で活動している技術コミュニティ団体「SITEプロジェクト」で参加したセミナーでした。(ちなみに現在は推進メンバーに所属)

このころから開発手法では気になりだし、また事例等も耳にしていましたので、今回、このセミナーに参加した次第です。
(若干の数名枠が増えた事により、ぎりぎりで参加できたのが背景にありますが、、、)


午前は東京会場からの基調講演をUstreamにて中継しプロジェクタを通していた為、多少聞きづらいところもありましたが、とても参考になりました。
アジャイルの基本・根底・思想なんかが少し分かったような気がします。
リンダ・ライジング氏の「アジャイルを始める為の1歩が大事」というワードが印象的で、頭からはなれないですね。

ちなみに今回のサテライト会場は、
 ・北海道
 ・仙台
 ・富山
 ・名古屋
 ・大阪
 ・島根
 ・岡山
 ・愛媛
 ・福岡
 ・沖縄
の10ヶ所で行われ、オープニングでは仙台と中継され
震災にも関わらず沢山の参加者が出席したと紹介がありました。
全会場に活気が出たんじゃないかなぁーと思います。


午後からは各都道府県毎のセッションとなり、
札幌では地元のアジャイル開発事例報告や
ゲストとしての角谷信太郎さん、和田卓人さんとの対談等、
様々なプログラムが大変盛況だったので時間が足りなくなるといった事もありました。(タイムテーブルは用意されていましたが、あまり意味がなかったと、、、)


来年にまた開催されるということですので参加はもちろん、
「サテライト会場からメイン会場へ」というMCの発言で幕を引いたという感じです。

 

《あとがき》
「agile」は形容詞で『敏捷な』『機敏な』という意味ですが、
他にも『活発な』『いきいきとした』という意味も含まれており、
こちらの方がニュアンスが近いと対談で話されていました。
アジャイル開発手法というのは、迅速かつ適応的にソフトウェア開発を行う軽量な開発手法群の総称と言われていますが、自分たちで作っていく手法という意味も含まれていると思っています。

札幌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |